loader image

派遣の仕組み

How it works

「派遣」という働き方。

「派遣ってよく聞くけどどんな仕組みなんだろう?」「興味はあるけどよくわからない」そんな方へ派遣の仕組みについてご説明いたします。

雇用主は派遣会社(人財バンク)、勤務先は派遣先の企業になるのが派遣契約

正社員やパート・アルバイトなどは勤務先が雇用主になっていますが、派遣スタッフの雇用主は派遣会社(人財バンク)になります。実際の仕事の指示命令は派遣先から受け、給与や福利厚生は人財バンクから支払われ提供されます。

※派遣会社と派遣スタッフとの雇用関係が成立するのは、派遣先が確定してからとなります。

派遣の始まるフローと関係

派遣で働くメリット

1.ライフスタイルにあったお仕事を選べる。

人財バンクの派遣なら職種や勤務地・時間など自分の希望に近い条件でお仕事を探すことができます。「新しい世界に挑戦してみたい」「プライベートな時間を確保したい」「子育てと仕事を両立したい」などライフスタイルにあった働き方をしたい方にぴったりな「派遣」の働き方になります。派遣は事務職に限らず様々な分野でのお仕事があるので新しい世界でのデビューがしやすい分野でもあります。

2.自分の経験や知識・スキルや資格を活かせるお仕事を探すことができます。

通常の雇用の場合は得意分野や得意スキルがあったとしてもそのスキルを活かした部署や業務に関われるとは限りません。人財バンクの派遣ならお仕事紹介の際に詳しいお仕事内容や必要なスキル・活かせるスキルをお伝えし、自分の輝く場所を紹介できるようにサポートさせていただきます。

3.多種多様・様々な職場で経験を積み、スキルアップできる。

上場を果たしているような大企業からベンチャー企業までさまざまな企業で経験を積むことができるのが派遣の特徴です。似たような業務でも企業によって使うシステムやソフトウェアが違ったり働き方も様々になるのでその業界がどんなものなのかを広い視野で見ることができます。また、正社員や中途採用では行っていない大企業でのプロジェクト参加やキャリアを積んだ方々とのお仕事の場になることも多くスキルアップの場がたくさん存在します。

4.常に悩みが相談でき一緒に悩んでくれる環境。

人財バンクの派遣ならお仕事に就く前の相談はもちろん就業後も細かな相談まですることができます。フォロー体制も整っていて人間関係やスキル・資格の獲得などまでサポートを受けることができます。

派遣の働き方の種類

派遣は大きく分けると「一般派遣」と「紹介予定派遣」の2つがあります。

「一般派遣」と「紹介予定派遣」の違いやメリットについてご説明いたします。

一般派遣とは

一般派遣は、正社員のような就業先の企業と直接雇用契約を結ぶ形態とは違い、派遣スタッフと派遣会社の間で雇用契約が結ばれる雇用の形になります。派遣スタッフと派遣会社の雇用関係は、就業先が決まった時点で発生し、派遣契約が結ばれている期間のみ雇用契約が成立します。通常の派遣社員と呼ばれる形はこの一般派遣を指します。

人財バンクの派遣

人財バンクの場合、人財バンクでの正社員雇用を行いそこから出向として派遣先へ出向することも可能です。通常の派遣とは違いいつ契約が終わってしまうかという不安を取り除くことができ「会社を辞める」のではなく「異動」としてほかの企業と再出向することも可能でまた、人財バンクの社内でコーディネーターとしてお仕事することも可能になります。

紹介予定派遣とは

派遣期間を終了した後、本人と派遣先企業が合意した場合は、正社員(または契約社員)として雇用が決まる働き方です。スタッフは最大6ヶ月派遣社員として就業することができ、「自分にあった会社でお仕事がしたい」スタッフと「会社にあうスタッフを採用したい」派遣先企業の双方にメリットのある形になります。